六地蔵尊

【六地蔵尊は六道の苦よりお救い下さる菩薩様です】

存者(生きている者)は福楽長寿となり 亡者(亡くなった者)は諸々の苦より救われて安養浄土に導いてくださいます。我々は、生前の行いによって死後にお地蔵さまにお世話になり善い人間の心に引き戻してもらい極楽浄土へと旅立つことになっております。


【六道とは】

【地獄】 何でも悪いことは、みんな他人のせいにして、他人を責めてきた人が、このお地蔵様のもとで修行して善い人間の心に引き戻してもらうのです。
【餓鬼】 この世にいる間に、貪りの心から他の人に施しをしなかった者、欲張りの者が落ちる餓鬼の世界です。極端なまでに餓鬼、飢渇に苦しむとされています。
【畜生】 自分が得をするなら、人がどんなに迷惑をしようと平気と言う、強いものが勝つと言う 心を持っている人が落ちる畜生の世界です。
【修羅】 争いごとを好んで、他人を傷つけた者、誹謗中傷を好んでした者が死後にお世話になるお地蔵様です。
【人間】 この世で、人畜無害で一生を終えた人がお世話になるお地蔵様です。
【天上】 十善戒をよく守り、世のため、人のために尽くした人、無償の行為を惜しまず積んだ人が死後にお世話になるお地蔵様です。
 
地獄の責め苦を代わりに受けて(地獄)
飢えに苦しむ餓鬼を救う(餓鬼)
あわれみ畜生導き給い(畜生)
わめき争う阿修羅をさとす(修羅)
生死に迷う人間を助け(人間)
清浄世界の天人を度す(天上)

「南(な)無(む)地(じ)蔵(ぞう)願(がん)王(のう)尊(そん)」
と念ずればこの世、次の世、幸福に満つ