成道会


12月8日は お釈迦様がお悟りをひらかれた日で、「成道会」と呼ぶ法要が営まれます。
今からおよそ2500年前、お釈迦様は俗姓をゴータマ、名をシッダルタといい、現在のネパール南部のターライ盆地にあったカピラバスツー城で、シュッドーダナ(浄飯)王を父、マヤ(摩耶)夫人を母としてお生まれになりました。
将来は国王の座を約束されておりながら、29歳の時に自らその地位を棄て、かねてから悩んでおられた人間の不安と苦しみの根元を解決すべく、出家の身となってご修行に入られました。
人間の苦しみの根元を四苦(生まれたこと、老いること、病気になること、死ぬること)とされ、この4つの人間苦をどうすれば解決することができるかと・・・釈迦苦行図という絵がありますが、修行中のお釈迦様は、身体は骸骨のようにやせ細っておられ、正に身命を賭してのご修行であったことを物語っいます。
しかし、苦行では悟りは えられぬことに気づいて、ある日ブッダガヤという町のはずれに立っていた菩提樹の下で、静かに坐禅を組み、ついに12月8日の未明、東の空に一際美しく輝く明けの明星をごらんになって、忽然と人生におけるお悟りをひらかれたのです。お釈迦様は35歳でした。
お釈迦様は こうおっしゃられました「奇なるかな奇なるかな、一切衆生ことごとく皆如来の智慧、徳相を具有す、ただ妄想執着あるゆえに証得せず」とかく、我々は己の存在を意識するあまり、この「仏の心」を持っている本当の自分に気づかないでいます。人生苦というものも、自分の心が作り出したものであり、誰もが避けて通れない、思うがままにならないことであると受け止めることで、苦悩から開放される、と釈尊は人生苦の真理を解明され、悟りを開かれました。